マンション売却

 

イエイの使い方、体験者の声はこちらの動画でチェック!

※千葉テレビ放送「金曜日はミックスフライ」より

マンションの売却で気を付けたいこと

マンション売却を考えたとき、「不動産会社にお願いすれば大丈夫だろう」と思いがちではないでしょうか。
もちろん不動産会社は専門家ですし、力をお借りすることにはなります。
しかし、不動産会社によって、査定価格に300万もの差が付くこともあり、結果的にマンションの売却価格にも影響するものです。
第一に、依頼する不動産会社や担当者の見極めは慎重に行いましょう。

 

マンションの売り手の望みとしては、「できるだけ高く・できるだけ早く、売却したい」とお考えではないでしょうか。
しかし、実際には『高く』と『早く』が両方叶うことは難しいでしょう。

 

第二に、マンションの査定価格が想像よりも安いことを覚悟しておきましょう。
また、マンションに関しては、査定をしてもらう不動産会社によっても、査定価格は全く異なります。
これは不動産鑑定評価ではなく、売却できるであろう価格の目安であることを忘れてはいけません。
さらに、「査定価格で売れる」というわけではないことも、頭に入れておかなくてはいけません。
実際に、マンションの査定価格が高くついた不動産会社にマンションの売却依頼をしたのに、最終的な売却価格はそれをかなり下回るものであったといったトラブルは、非常に多くあります。

 

第三に、不動産会社の販売に関する活動等の戦略を確認する必要があります。
もちろん、売却希望価格で即買い手がつけば問題ありませんが、売れなかった場合は確認する必要がありますね。

 

売り手がマンションを手放すタイミングと、買い手がマンションを探すタイミングが合っているわけではないので、すぐに売れるということは稀だとお考えください。
そうなると、不動産会社や担当者の売り込み方で左右することになります。
「なかなかマンションが売れない」と思っているうちに、担当者から「売却価格を下げましょう」と打診されることも少なくありません。
「マンションが売れないのであれば仕方がない」と考えるにしても、不動産会社はどのような活動をしたのか確認する必要があります。
広告を出す・ネット上で情報を開示するなど方法は様々ですが、買い手を待っているだけでは不動産会社に任せた意味がありませんね。
周辺の不動産売り出しているマンションと比べても決して高くはない価格設定なのにも関わらず売れない、というのは不動産会社の販売活動に疑問を持つべきだと思います。
対策・実施・結果の詳細を把握できていれば、万が一なかなかマンションの買い手がつかなくても納得できるのではないでしょうか。
とは言え、『訊きにくい』とお思いではないでしょうか。

 

宅地建物取引業法(通称:宅建業法)第34条

宅建業者は「専属専任媒介契約」では1週間に1回以上、「専任媒介契約」では2週間に1回以上、売り手に対し報告しなくてはいけない。

 

と定められています。

 

しかし、報告内容に法的な決まりはなく、不動産会社や担当者によって異なるものとなります。
マンションの売り手が知りたいことが報告されるとは限りません。
そういった不透明さが信頼関係を崩し、納得できない形になってしまうことも少なくありません。

 

マンションの売り手が気を付けなければいけないのは、最初の段階で担当者を通してどのような販売戦略なのか、具体的な活動等を確認しておくこと、その報告をしてもらえるかの確認をしておくことが必要です。
さらに、「売れないので価格を下げましょう」という提案があったときに納得できるだけのコミュニケーションは必要ですね。
報告書が、ただの一方的な形だけの報告にならないためにも、しっかりと目を通してその都度納得できるようにしましょう。

 

担当者は、ご自身と相性が良い人であることはもちろん、スキルやレベルが高い人が良いです。
その見極めとして、「広報活動は具体的にどのように行いますか?」「売却価格の見直しはどのような場合に行いますか?」「ターゲットはどのような人を考えていますか?」などの具体的な質問をしてください。
しっかりと納得できる回答を得られなければ、不動産の専門家として何か欠けていると考えても良いでしょう。

 

マンションの売却というのは、想像以上に大変なものです。
思い通りの価格や早さで売却されなくとも、納得できる形で売りたいとは思いませんか?

 

もしも初めての売却で会った場合、ほとんどのケースで失敗や後悔が付き物のようです。
専門家だからといって、不動産会社の言うことを鵜呑みにするのではなく、ご自身がしっかりと売却することに主体性と責任を持ちましょう。

 

その為には、まず複数社の不動産会社にマンションの査定を行ってもらいましょう。
1社だけの査定では、売却価格の目安というものが分かりません。
だから、必ず複数社の不動産会社にマンションの査定を依頼してもらい、その中でご自身の納得のいく価格の業者を幾つかピックアップして下さい。

 

そして、いくつかピックアップした不動産会社の担当者に先程も言いましたような具体的な質問を投げかけてコミュニケーションを取って下さい。
そこで、担当者のスキル等を見極めて下さい。
そうすることで、どこの不動産会社に依頼するべきなのか明確になってきます。

 

是非、後悔しないように、納得のいくマンション売却を行って下さい。

 

マンション売却の一括査定はコチラから

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓