東京のマンション売却で損をしない方法とは?|コラム「マンションの査定で気を付けたいこと」

東京のマンション売却で損をしない方法とは?

マンション売却

マンションお役立ちコラム「マンションの査定で気を付けたいこと」

マンションを売ることを考えたとき、できるだけ高く売りたいと思いますよね。
漠然とした思いはあっても、『さて、どこに行ったらいいのか?』『不動産会社が言うことを信じていいのか』など、悩みませんか?
ここでは、マンション査定について、お話しします。

 

まず、ネット上のオンライン査定で、査定見積もりを出してみましょう。
必ず複数の業者で試してください。
金額が、全く違うことに驚きますよ。
多い場合は、800万もの差がつくこともあります。

 

しかし、金額が高い業者が良いとは限りません。
不動産の査定は、あくまでも「これぐらいで売れるだろう」という業者の推測価格です。
必ずしも、その金額で売れるわけではありません。

 

気を付けなければいけないのは、高い査定額を付けて売り手に契約させ、広告等の営業活動を一切せずに、「この価格では売れません。値下げしましょう」と言って値段を下げさせて売るという悪質な方法です。
広告等には、それなりの金額もかかりますし、もちろん営業マンの人件費もかかります。
そこを一切かけずに、簡単に値段を下げて売れれば、業者は楽してコストをかけずに儲けることができるというわけです。

 

査定額と一緒に、具体的な営業方法などをしっかりと聞いておく必要がありますね。
例えば、『○○新聞に広告としてチラシを入れる』や『●●物件情報誌に載せる』など。
活動について、具体的に知らせてもらえるのかも、確認すると良いですね。

 

だからと言って、安い査定額の業者にお願いしたいかと言ったら、そういうわけにもいきませんよね。
では、何を基準にしたら良いのでしょうか。

 

金額も大きな判断基準ではありますが、やはり不動産業者の待遇や担当者の人間性が大切です。
複数で査定額を出した上で、さらにいくつかの業者に絞って、実際にお話をすると分かる部分がまた出てきますね。
時間にルーズではないか、言葉遣いが失礼ではないか、マンション売却について知識がしっかりあるか、仕事に対して適当ではないか、など。
もちろん、ご本人との相性もありますよね。

 

買い手が付いた場合、その担当者が間に入って金額のやり取りがあるということを、忘れてはいけません。
手数料を渡しても惜しくない、と思える働きをしてくれる方がいいですよね。

 

いくつかの不動産業者に査定見積り額を出してもらって、その中から選んで良いのですよ。
依頼したから断りにくい、などと考える必要はありません。
大きな金額が動くのです。
納得できる売買が望ましいですよね。
売り手が主導権を持って決める、ということを念頭においてください。

マンションの査定で気を付けたいこと関連ページ

マンション購入について真面目に考える
マンション購入の流れ
マンションの寿命を考える
中古マンションの購入
マンションを購入したら固定資産税のことも考えましょう
マンション購入に際してかかる諸費用はどれくらい用意する?
マンションの火災保険について
マンションをリフォームする
消費税UPでマンション購入に影響?!
新築マンションの良し悪し
マンションの賃貸…メリット・デメリット
マンション経営のメリット・デメリットについて
中古マンション購入の基準
マンションの寿命を延ばすために・・・
マンションのメリットって?
マンションのデメリットって?
マンションの選び方
マンションの買い替え、住宅ローンの残金がまだあるけど・・・
マンションとアパートの違いはなに?
マンション投資のメリット・デメリット
中古マンションをリノベーションしましょう
マンション・RC造とSRC造
マンション投資で気を付けなければいけないこと
マンション管理士について
マンションの騒音問題
マンションの間取り・見学時には気付かないこと
中古マンションの購入・メリットデメリットについて考える
分譲マンションについて
子育て支援マンションを利用しましょう
モデルルームの見学・チェックポイント